ご飯のrecord

ちゃんと食べることが目標!

【レシピ】簡単・時短でつくるちょっと豪華な苺とバニラアイスのフレンチトースト

スポンサーリンク

f:id:waytogo:20170326002821j:plain

友人からフレンチトーストを短時間でつくる方法(伊東家の食卓をヒントにしたものでクックパッドにも載ってるらしい)を聞いて、これまで自分でよく作っていた「苺とバニラアイスのフレンチトースト」の作り方に取り入れてみた。普通に作るのとはスピードがまったく違う。 

フライパンで作ってもいいけど、お客さんが家にきた時などはスキレットで作ってそのまま出すとちょっとお洒落になって喜ばれると思う。数ヶ月前に買ったスキレットを使いたいが為に友人を呼んでいたような気もする。友人が先か、スキレットが先かというやつですね(笑) 苺とバニラの組み合わせに、「うわー、すごいね!」なんて声を上げて逆にこっちを喜ばせてくれますよー。

 

<材料(2人分)>

  • 食パン(2枚)
  • 卵(2個)
  • 牛乳(200cc)
  • バター(大さじ2)
  • バニラエッセンス(数滴)
  • 砂糖(大さじ2)
  • いちご(4個 半分にカット)
  • バニラアイスクリーム(お好みの量で)
  • メープルシロップ

 

<つくりかた(1枚ずつ作っています)>

  1. ボウルに卵、砂糖、牛乳、バニラエッセンスを入れて混ぜる。
  2. 食パンを半分にして、少し焦げ目がつくまでトースターで焼く。
  3. 少し深さのある耐熱皿に食パンを置き、液が馴染むようにフォークで刺して軽く穴を開ける。イメージとしては裏表の表面それぞれ全体的に8~10個所くらい指す感じ。
  4. (1)で混ぜたものの半分を、食パン裏表になじませる。
  5. ラップをしないで、レンジで1分温める。同じく裏返して30秒くらい温める。
  6. スキレット(フライパンでも可)にバターを入れ、弱火~中火で様子を見ながら、両面に焼き色がつくくらいまで焼く。程度については個人のお好みで
  7. もう1枚の食パンと(1)の残り半分を使って、(2)~(6)をする。
  8. 最後にそれぞれにイチゴ(1/4に切る)、バニラアイスクリーム、メープルシロップをかけて完成。

 

※写真付き つくりかた(1枚ずつ作っています)

  1. ボウルに卵、砂糖、牛乳、バニラエッセンスを入れて混ぜる。

f:id:waytogo:20170326002349j:plain

 

2,食パンを半分にして、少し焦げ目がつくまでトースターで焼く。

3,少し深さのある耐熱皿に食パンを置き、液が馴染むようにフォークで刺して軽く穴を開ける。イメージとしては裏表の表面それぞれ全体的に8~10個所くらい指す感じ。

f:id:waytogo:20170326002433j:plain

 

4,(1)で混ぜたものの半分に食パンを浸し、裏表になじませる。

f:id:waytogo:20170326002539j:plain

(このように必要に応じて穴を増やしたりしても良い。)

5,ラップをしないでレンジで1分温める。同じく裏返して30秒くらい温める。

f:id:waytogo:20170326002628j:plain

(温めた結果の図。)

6,スキレット(フライパンでも可)にバターを入れ、弱火~中火で様子を見ながら、両面に焼き色がつくくらいまで焼く。程度については個人のお好みで。

f:id:waytogo:20170326003128j:plain

 

7,もう1枚の食パンと(1)の残り半分を使って、(2)~(6)をする。

8,最後にそれぞれにイチゴ、バニラアイスクリーム、メープルシロップをかけて完成。

f:id:waytogo:20170326002821j:plain

 

 以上、非常に簡単かつ時間のかからないフレンチトーストのつくりかたでした。

冒頭にも書いたけど、スキレットで作ってそのまま食べるという方法をおススメしたい。理由は単純、美味しさ×1.5倍くらいに感じるから。何でも形から入るタイプなので(笑)

しかし、フォークで刺してレンジで温めるなんて考えもしなかった。マジであっと言う間に作れちゃう。友人に感謝。いや、伊東家の食卓に感謝しないとなあ。