ご飯のrecord

すべてA級グルメだと思っている。

とても簡単【レシピ】アボカドと半熟たまごのオープンサンド

スポンサーリンク

f:id:waytogo:20170330155056j:plain

アボカドと半熟たまごをメインとして、トーストの上にたっぷり具をのせたオープンサンドです。

海外(主にアメリカなど)の料理ブログによく登場しだいたい調理方法も簡単で、普段自分がつくっているものに反映もさせやすい。というわけで色々作っているオープンサンド的なトーストの一例です。この感じ、まず朝食用で考えると思うが、かなりボリュームもあり味もしっかりついているので、むしろ晩ごはんにぴったりかも。ちなみに僕は晩ごはんでしか作ったことがありません(笑)

つくりかたはとても簡単。半熟たまごをつくるのに多少時間はかかるが、料理の作業時間としてはかなり短時間でつくることができる。

 

<材料(2人分)>

  • 穀物食パン(2枚)
  • たまご(2つ)
  • チェダーチーズ
  • アボカド(大1個)
  • ツナ(1缶70g)
  • 塩、黒こしょう(少々)
  • 黒ゴマ

 

<つくりかた> ※写真なし

  1. 半熟たまごを作る。沸騰したお湯に5分半入れて、次に氷を入れたボウルで3分間冷やしてからからをむいておく。写真ではちょっと無理矢理な技ではあるが保冷剤で冷やしている。
  2. チェダーチーズをスライサーなどで薄くスライスし、さらに細切りにする。チーズおろし器(チーズグレーター)があれば、それを使って一気に調理するのがベスト。
  3. ボールでアボカドを少し形が残る程度まですりつぶす。お好みで完全にペースト状にするのも良い。
  4. パンの上にアボカドを塗り、ツナをのせ、塩と黒こしょう全体にぱらぱらとふる。
  5. 半熟のゆでたまごを別のお皿の上で二つくらいに割り、トーストの上にのせてから、さらに優しくくずしながら全体に広げる。その上にチーズをのせる。
  6. 5分ほどトーストする。
  7. 最後に黒ゴマをふって完成。

 

<つくりかた> ※写真あり

1.ゆでたまごを作る。沸騰したお湯に5分半入れて、次に氷を入れたボウルで3分間冷やしてからからをむいておく。写真ではちょっと無理矢理な技ではあるが保冷剤で冷やしている。

f:id:waytogo:20170330154620j:plain

 

2.チェダーチーズをスライサーなどで薄くスライスし、さらに細切りにする。チーズおろし器(チーズグレーター)があれば、それを使って一気に調理するのがベスト。

f:id:waytogo:20170330154546j:plain

 

3.ボールでアボカドを少し形が残る程度まですりつぶす。お好みで完全にペースト状にするのも良い。

f:id:waytogo:20170330154710j:plain

 

4.パンの上にアボカドを塗り、ツナをのせ、塩と黒こしょう全体にぱらぱらとふる。

f:id:waytogo:20170330154757j:plain

 

5.半熟のゆでたまごを別のお皿の上で二つくらいに割り、トーストの上にのせてから、さらに優しくくずしながら全体に広げる。その上にチーズをのせる。

f:id:waytogo:20170330154826j:plain

f:id:waytogo:20170330154859j:plain

 

6.5分ほどトーストする。

 

7.最後に黒ゴマをふって完成。

f:id:waytogo:20170330155029j:plain

 

という訳で、かなり満足度の高い、単刀直入にいうと超満腹になるオープンサンドについて書いてみました。賛辞を並べるとするとこんな感じ(笑)

  • すりつぶしたアボカドのクリーミーさ。
  • 半熟たまごやチェダーチーズのコク。
  • 黒ゴマの香ばしさ。
  • 晩ごはんに成り得るボリューム。

この手の料理はどう転んでも大失敗はないと思うのでよかったら試してみてください。あと半熟たまごのゆで時間はこれでほぼ上手くいくと思うので、覚えておくと便利かも。保冷剤使用はある意味エコでもある(笑)

(メモ)

ツナはノンオイルのものを使ったけど、オイル漬けの方がコクが出るのでお好みでどうぞ~。